東京から「島根への行き方」を徹底考察!「新幹線・飛行機・バス」どれがお得で割安な行き方なのか比較!果たしてベストな移動手段はどれなのか?

山陰地方に位置する島根県は多くの観光客が訪れる県の一つです。この記事では東京から島根に行くための移動手段について比較、考察しています。JetstarやPeachなどのLCCも充実し、新幹線での移動時間もどんどん短縮されていく今の時代にあって、東京から島根へ行くためにはどの様な移動手段がベストなのでしょうか。ここでは「飛行機」「新幹線」「深夜バス」の3つのパターンの中から最もおすすめの移動手段を紹介していきます。

【スピード比較】東京から島根への行き方で早いのはどれ?

東京から島根への行き方で早い

東京から島根までどの移動手段が早いか、それぞれ比較して見ていきましょう。

飛行機 | 東京から島根

まず、東京から島根へ飛行機で行く場合についてです。島根県には3つの空港がありますが、そのうち東京からの直行便が乗り入れているのは出雲空港のみです。

東京羽田空港から出雲空港まで飛行機で移動したときの所要時間は約1時間20分ほどですが、実際の飛行時間に加えて空港内での保安検査や搭乗手続きを含めるとプラス20分程度の時間を見積もる必要があります。次に新幹線を使って移動した場合です。

新幹線 | 東京から島根

東京駅から島根まで新幹線を使って移動する為には途中で乗換えをしなければなりません。その際一番早い乗換え手段として、東京駅から岡山駅まで新幹線に乗車しその後乗換えて出雲へ向かうルートが挙げられます。

この場合、新幹線の乗車時間と乗換えた在来線の乗車時間は合わせて約6時間40分ほどになります。しかし、そこには乗換え時にかかる待ち時間などは含まれてはいない為、実際に乗車している時間よりも、更に多くの時間が移動するのにかかることになります。

高速バス | 東京から島根

最後に深夜バスについてです。2社のバス会社が東京から出雲間を結ぶ路線を走っていますが、所要時間は12時間程度となっており非常に長時間の移動となります。

★スピード比較の結果 | 東京から青森

上記3つの移動手段における所要時間を、簡単に纏めると「飛行機が2時間弱」「新幹線(在来線乗換え含む)が6時間40分以上」「深夜バスが約12時間」となります。結論として、東京から島根へ行く移動手段で最も早いのは「飛行機」といえます。

【料金・安さ比較】東京から島根への行き方で安い移動手段は?

東京から島根への行き方で安い

ここでは、飛行機、新幹線、深夜バスのどれが一番安いのかを比較して提示しています。

飛行機 | 東京から島根

まず飛行機の相場価格についてですが、出雲空港にはJetstarやPeachなどのLCCは就航していません。東京羽田からの直行便を定期運航しているのはJALのみとなっています。正規料金での価格相場はおおよそ32900円台以降からとなっていますが、様々な割引チケットがあり、それらを使う事で正規の価格よりも安くチケットが購入できます。

例えば「ウルトラ先得」という割引切符ですと最安値の9970円があります。(2023年1月23日JAL277便、JAL公式ホームページを参照しています)このような早期割引チケットやビジネスきっぷなどを使う事で10000円以内からの金額で予約することが可能です。割引チケットには日時の変更やキャンセルが出来ないという不利な点もありますが、このように予約方法によって適用価格が大きく異なりますが、条件を限定することで比較的安価な料金で利用することが出来ると言えます。

新幹線 | 東京から島根

次に新幹線の料金についてです。新幹線のみの料金は片道で約16,890円からの設定となっており、往復で利用する場合はその料金から1割引が適用された金額となります。ですが、上記でも述べているように新幹線で東京から島根まで行くには途中で在来線への乗り換えが必要です。岡山駅で乗換えて出雲へ向かった場合にかかる乗車料金まで合わせて考えると、総額でおおよそ20000円弱という金額が新幹線を利用した際の料金相場といえます。

高速バス | 東京から島根

最後に深夜バスについてです。こちらは約8400円からの切符が販売されており、非常に安い価格設定となっています。

★料金・安さ比較の結果 | 東京から島根

上記3つの移動手段においてかかる料金を、簡単に纏めると「飛行機が9970円~32900円」「新幹線(在来線乗換え含む)が約20000円弱」「深夜バスが8400円~」となります。結論として、東京から島根へ行く移動手段で最も安いのは「深夜バス」といえます。

※ここで記載している価格や運行状況は全て2022年10月時点のものです。
※また料金については各運航会社のホームページを参照にしています。

【比較・総合結果】東京から島根への行き方でベストな移動手段は?

東京から島根への行き方でおすすめ

上記の二つの段落で「早さ」と「安さ」をそれぞれ比較しましたが、最も所要時間が短いのは「飛行機」であり、最も安い料金だったのは「深夜バス」という結果になりました。これらの結果を踏まえたうえで総合的に考えた時に、東京から島根へ行くためにベストな方法はとして一番おすすめの移動方法は【飛行機】です。

1位:飛行機
2位:高速バス
3位:新幹線

その理由として「早さ」と「安さ」のバランスが取れているという点が挙げられます。「安さ」に関しては深夜バスが最も安くてお得です。ですが、深夜バスを使った場合にかかる移動時間の長さは大きなデメリットとなります。

それに対して飛行機は所要時間が最も短く、かつ予約方法を限定することにより新幹線を使うよりも安い値段で利用できますし、最安値の料金で考えた際には深夜バスの料金と比較してもその差が1000円弱という非常にリーズナブルな価格設定もあります。

このような割引チケットで予約をした場合には変更やキャンセルが出来ないという不利な面も挙げられますが、それでも比較的安いと言える料金設定や移動にかかる所要時間などを考慮すると、総合的なコストパフォーマンスが最も高い飛行機がベストな移動手段であるといえます。

2番目におすすめなのは【深夜バス】を使った移動手段です。理由は「最も安い」という点が一番に挙げられます。長時間バスの中で過ごさなければならないという点はこの移動手段が敬遠される大きな理由のひとつですが、もし時間に余裕があり体力的にも問題がないといった場合においては、10000円以内という低価格で利用できるというのは非常に魅力的な要素です。

そしてもう一つのメリットとして挙げられるのが、深夜バスは乗る手間が少ないので利用がしやすいという事です。乗換えがある新幹線や搭乗手続きや保安検査などが必要な飛行機と比べると、深夜バスの利用方法はとてもシンプルです。基本的には切符を買って乗車するだけで良いので、そういった点も合わせて考えた結果、おすすめの移動手段として紹介しました。

FAQ | 東京から島根まで

東京から島根まで新幹線を利用する場合どれくらい時間がかかりますか。

東京駅から島根まで新幹線を使って移動する際には、途中で乗換えをしなければならず、新幹線の乗車時間と乗換えた在来線の乗車時間の合計が、約6時間40分ほどになります。

東京から島根まで飛行機を利用する場合どれくらい時間がかかりますか。

東京羽田空港から出雲空港まで飛行機で移動したときの所要時間は約1時間20分ほどで、空港にて保安検査や搭乗手続きも考慮すると合計で1時間40分程度でしょう。

東京から島根まで高速バスを利用する場合どれくらい時間がかかりますか。

所要時間は12時間程度で、長時間の長旅になるでしょう。

東京から島根まで移動する場合どれが一番おすすめですか?

東京から島根まで直で寄り道せずに行きたい場合には飛行機での移動がダントツでおすすめです。

【一人旅必見】東京から島根に到着後に泊まれるおすすめホテル紹介!

出雲空港からタクシーに乗って5分ほど向かった先に「湖静荘」というホテルがあります。源泉かけ流しの天望露天風呂があり、一泊2食付き13550円のプランでは日本海でとれた新鮮な魚や山陰地方の山菜、島根和牛などの贅沢な料理を楽しむことができます。

縁結びで有名な出雲大社や世界遺産である石見銀山など歴史的、文化的にも価値のある有名な観光スポットだけでなく、別名「千鳥城」と呼ばれている松江城や幾つもの美術館があるなど、本当に多くの魅力的な場所が島根にはあります。

中でも、日本夕日百景のひとつである「宍道湖の夕日」を遊覧船から眺める体験が出来るなどのレジャーも楽しむことが出来る宍道湖は「日本百景」にも選ばれている風光明媚な場所です。

このような有名観光スポットへも足を延ばしやすく、空港や在来線(在原駅)からほど近い場所にある「湖静荘」は島根観光をする際にとてもおすすめのホテルです。

下記にホテルから各観光スポットまでの主な移動手段とおおよその所要時間をまとめていますので、ご参照ください。

・出雲大社(車で約30分)・石見銀山(車で約1時間30分)・島根ワイナリー(車で約25分)・出雲キルト美術館(車で約7分)・足立美術館(車で約60分)・小泉八雲記念館(車で約25)・松江城(車で約30分)・松江フォーゲルパーク(車で約40分)・宍道湖遊覧船(乗り場まで車で約40分)

※湖静荘公式ホームページを参考にしています。