現地発国内ツアー

【人気の定番ツアー】ラバウル2泊3日

Tour #: RAB2NTS
戦争の歴史を学び自然を楽しむ人気のツアー

USD 437~


* JPY 47,004

「さらばラバウルよ」の唄で知られるニューブリテン島のラバウルには、太平洋戦争当時、日本以外では最大の規模を持った航空基地がありました。
この基地を拠点として、人的、補給物量に勝る連合国軍と連日連夜、激しい死闘を繰り広げた様々な部隊を総称して「ラバウル航空隊」と呼ばれていました。

火山の街としても知られるラバウルは1994年のバルカン山とタブルブル山の大噴火によって壊滅的な打撃を受けました。街の一部は見捨てられて廃墟と化しましたが、美しい街、ラバウルを愛する人たちによって

街が再建されました。このツアーでは、ラバウルに点在する日本軍の戦跡をめぐって当時を偲ぶと同時に、美しい海や山に囲まれたラバウルの自然を楽しんでいただけます。

ツアーの特徴

  1.  ココポの街の近く、対岸に火山を見渡す海に面したホテル、「ココポビーチバンガロー」で快適なステイをお約束します。
  1.  ラバウル周辺の戦跡をガイド付きで効率よく廻ります。日程によっては日本語を話す現地ガイドも可能ですので、ご希望の場合は予約時にお申し付けください。
  1.  オプションで早朝のドルフィンウォッチングツアー(ボート)も可能。(別途現地支払い)ご希望により、ネットに捕まってドルフィンスイムもお楽しみいただけます。
ツアースケジュール
日程 スケジュール 食事
1

1日目 (各自)ラバウル着**フライト情報をお知らせください。送迎車にてホテルへ、チェックイン
。午後、ココポ周辺観光。ゼロ戦の残骸や95式軽戦車などが展示されているココポ博物館、ドイツ占領時代からの由緒あるブナポぺ教会、カラフルな野菜や果物などが売買される活気あふれる庶民の台所、ココポマーケットなどをめぐります。

ココポビーチバンガロー    泊
2

2日目 9時 終日ラバウル観光へ出発。崖に掘られたトンネルに旧日本軍の上陸艇が残る「大発洞窟」、火山観測所展望台、火山灰で埋もれた旧ラバウル(東)空港跡、97式重爆撃機の残骸、ニューギニクラブ(近代史博物館)、南東方面艦隊司令部前線指揮所跡(通称山本バンカー)、日本軍のトンネル跡、西飛行場跡などを訪ねます。
昼食は1950年代から営業し、ラバウルの盛衰を眺めてきた老舗のラバウルホテルで。

ココポビーチバンガロー    泊
  • 朝食
  • 昼食
3

3日目 送迎車にて空港送迎 **フライト情報をお知らせください。(各自)ラバウル発 ***8時以前出発のフライトの場合、朝食は付きません。8時以降の出発のフライトの場合、ホテルでの朝食が付きます。

  • 朝食

ツアー設定期間:2017-01-01 ~2020-12-31

マスクフェスティバルの為、2019年7月7-13日は設定除外日となります。

ホテル

ココポビーチバンガロー

 Pockley Street,Kokopo,ENB

TEL: 9828788

部屋タイプ:エグゼクティブルーム

旅行代金

企画手配旅行料金表

旅行代金表示通貨はUSD になります。(概算日本円JPY表示は こちらから)

表示の料金は1名様あたりの料金になります。

コース コース名 1名様 2名様 3名様 子供ベッド有 子供ベッド無
COURSE A コンチネンタル朝食付き:ココポビーチバンガロー
 Pockley Street,Kokopo,ENB
TEL : 9828788
旅行代金 913 517 437
延泊代金 204 110 82
旅行条件

取消料金表は こちら ご覧ください。

出発地 ラバウル 旅行日数 2泊3日
添乗員 あり 客室クラス エグゼクティブルーム
食事条件 コンチネンタル朝食 最少催行人員 1
空港税その他 マイレージ
航空会社 出発日 毎日
催行会社

ツアーのお問い合わせは、
下記の「お問い合わせ」または「ツアーのお申込」ボタンをクリックして、
次のページへお進みください。

このツアーのお申込はこちら お問い合わせはこちら

一覧に戻る