プーケット情報

プーケットは、東南アジアにある、タイ(タイランド)の南部にある島です。
タイにはたくさんの島があるのですが、最も広い面積を有しているのが、ここプーケット島になります。大きさは日本の淡路島と同じぐらいと言われています。
古くは漁業、錫産業、果物農園、ゴムの樹液を採集して作られるゴム製品の製造などの産業を経て、現在は収入のほとんどが観光業になっています。
プーケット=リゾート島の図式ができあがったのは、10数年前にもなるでしょうか。
以来、プーケットは、食べ物もおいしく、遊びも充実、何よりイージーで気ままな旅ができる場所として、愛されてきたように思います。
近年は発展めまぐるしく、新しいホテルや遊びのスポットなどが、どんどん増え続けているという状態です。

位 置 北緯8度:東経98度
面 積 550K㎡
人 口 25万人 中国系(70%)、ムスリム(20%)、その他(10%)(2004年現在)
政 体 立憲君主制 議員内閣制
首 都 バンコク
宗 教 仏教、イスラム教、キリスト教、回教、ヒンズー教
言 語 国語はタイ語。
祝祭日(2005年)  
1月1日 お正月 8月12日 王妃誕生日
4月6日 チャクリー記念日 10月23日 チュラロンコン大王記念日
4月13~15日 ソンクラーン(水掛祭り:タイ旧正月) 12月5日 国王誕生日
5月1日 レイバーデイ 12月10日 憲法記念日
5月5日 戴冠記念日 12月31日 大晦日
5月31日 ヴィサカブーチャ(仏誕節)    
 

通貨

タイバーツ(バーツ・サタン)
<硬貨>
0.25バーツ(25サタン)・0.5バーツ(50サタン)・1バーツ・5バーツ・10バーツ
<紙幣>
20バーツ・50バーツ・100バーツ・500バーツ・1000バーツ
 
 

チップ

ホテルや大きなレストランでは、7%のサービス料が加算されます。
それ以外の場所では、ホテルのベルボーイやベッドメイクは20バーツぐらい、ゴルフのキャディーさんには200バーツぐらい、マッサージは100バーツぐらい、タクシーなどにもおつりをチップとして渡すのが、タイ人のスタイルのようです。
 
 

両替

銀行の両替所を利用されることをお勧めします。
パトンビーチなどの繁華街では、夜9時頃まで両替ブースのみ営業している銀行も多いです。
トラベラーズチェック利用可。
パスポートが必要になり、手数料がかかります。


 
 

国内電話

ホテルからは外線番号を押して発信音を確認し、電話番号をまわす。
料金はチェックアウト時に精算。公衆電話は国内専用(コイン専用、フォンカード専用)国際電話可能(フォンカード・クレジットカード併用)の2タイプがある。
かけ方は基本的に日本と同じ。市内1通話(1分)平均3バーツ。(機種によって、弱冠違います)
 
 
 

国際電話

ほとんどのホテルの部屋から、ダイレクトでかけることができます。
かけかたは001-81-0を抜いた市外局番―電話番号となります。
プリペイド式の国際電話カードもありますが、接続に多少時間がかかるようです。
大きなスーパー、携帯電話販売店等で販売しています。
 
 

時差

日本との時差はマイナス2時間。
日本が正午の時、タイは午前10時となります。

 
 

水道水は飲めません。
飲料用の水、ミネラルウォーターをご利用下さい。
ホテルの部屋には、無料の飲料水が置いてあります。

 
 
 

気候

11-3月乾季、4-5月暑季、6-10月雨季の3つになります。
波が穏やかで天候も安定しているのが、乾季となり、この時期には、観光客が増えます。
雨季はモンスーンの影響で、遊泳が禁止になるビーチも出てきますが、離島などで泳げる場所もたくさんあります。雨はスコール程度で、降り続くわけではありません。雨季はホテル代が安くなるため、アジアの旅行者が増えます。
服装はTシャツ、短パンなどでも大丈夫ですが、冷房の効いているお店が多いため、カーディガンなど、羽織れるものを用意しておくことをお勧めします。
 
 

治安

治安は良いと思いますが、スリや置き引きなどには、注意をしておくことが必要。
タイ全土にある、睡眠薬強盗、トランプ詐欺など、プーケットでもあるようですので、親しげに日本語で近づいてくる人にも、注意が必要です。
 
 
 

電圧

コンセント形状 コンセント形状 電圧/周波数:
110/220V 50HZ
プラグ:
Cタイプ(2又)・
BFタイプ(3つ又)