日通ペリカントラベルネット
日通ペリカントラベルネット
マレーシア店
マレーシア店

 

反腐敗集会(8/27・土)の開催をめぐる注意喚起 

在マレーシア日本国大使館よりお知らせ 


反腐敗集会(8/27・土)の開催をめぐる注意喚起

来る8月27日(土)、「青年・学生連合(Youth and Student Coalitions)」の主催による反腐敗集会が、クアラルンプール市内で開催予定であると報じられています。
主催者側は、Dataran Merdeka(ムルデカ広場)の使用を予定していましたが、クアラルンプール市当局は、「独立記念日式典のリハーサルを実施予定」との理由で、同場所の使用は認めず、代替地としてPadang Merbok(メルボック広場)での開催を勧めています。

最終的な開催の有無は未定ですが、8月27日のクアラルンプール市内中心部は、状況次第では各所で予測困難な交通渋滞が発生する可能性が高いことから、在留邦人や短期滞在中の皆様におかれては今後の報道やクアラルンプール市による各種広報を通じて事前情報の入手に努めて下さい。
なお、一部報道によりますと本集会に批判的な市民団体が、対抗集会・デモを行う予定とも報じられていることから、当日は不測の事態が発生することも懸念されます。
皆様にあっては、各種トラブルに巻き込まれることのないよう注意して下さい。

また、ISILをはじめとするイスラム過激派組織は、国家の重要行事や人々が多数集まるイベントを狙いテロ事件を敢行する傾向が認められます(8月10日付当館発出注意喚起参照)。これに対しマレーシア国家警察は、6月下旬に発生したISIL関係者による手榴弾投げ込み事件後、全国で徹底的な捜査と取締りを推進した結果、8月9日までに、関係する容疑者を全て逮捕するなど、イスラム過激派関係者の摘発を強化しています。

在留邦人及び短期滞在中の皆様におかれましては、人が多数集まる場所ではすり・ひったくりなどの一般犯罪の他、テロ攻撃に遭遇するリスクもあることを常に意識し、自分自身の安全を第一に行動するように努めて下さい。

平成28年8月24日
在マレーシア日本国大使館