マルタのホテル予約、ツアー、空港送迎、ガイド、情報満載。現地価格で予約。

マルタ情報

正式国名 マルタ共和国 REPUBLIC OF MALTA
面 積 316平方キロメートル(淡路島の半分)
人 口 約40万人
政 体 大統領を元首とする共和制
首 都 バレッタ Valletta(人口約14,000人)
宗 教 ローマ・カトリックが98%
言 語 言語はマルタ語と英語が公用語である。
また、イタリアから近いため、イタリア語も広く使われている。
祝日  
1月1日 新年の祝日 6月29日 聖ペテロと聖パウロの祝日(L-Imnarja)
2月10日 聖パウロの難破記念日 8月15日 聖母マリア被昇天祭
3月19日 聖ヨセフの祝日 9月8日 勝利の女神の祝日
3月31日 自由の日 9月21日 独立記念日
3月 / 4月
(日付は変わります)
聖金曜日※ 12月8日 聖母受胎日
5月1日 メーデー 12月13日 共和制施行記念日
6月7日 1919年6月7日の記念日 12月25日 クリスマス
※印はカトリックのカレンダーに基づく祝日となり、年によって変わります。
 

通貨

2008年1月1日、マルタは通貨にユーロを採用しました。2008年1月1日をもって、ユーロがマルタとゴゾの唯一の合法な通貨になりました。
マルタにおけるユーロへの切り替えの詳細については www.euro.gov.mt をご覧ください。

紙幣:5euro, 10euro, 20euro, 50euro, 100euro,
    200euro, 500eur
硬貨:1c, 2c, 5c, 10c, 20c, 50c, 1euro, 2euro
 
 

両替

銀行は通常月曜から金曜は午前8時30分頃~12時30分頃、土曜は11時30分頃までの営業となりますが銀行により異なりますので必ずご自身様でご確認下さい。 一部の銀行/支店は、より長く営業している場合もあります。また、夏季と冬季では営業時間が異なります。 マルタ国際空港の両替所は24時間営業しています。
銀行、ATMや両替所は島中にあります。 両替所によって換算レート、また手数料が異なります。両替所はスリーマ、セントジュリアンなどの観光地に多くあります。
またクレジットカードはほとんどのお店でご使用可能です。 国際キャッシュカードでのお金の引き出しは、街中にあるATMでお引き出しいただけます。主要なホテルでも両替は可能です。
両替機も時々見られますが、日本の紙幣対応をしていない機械であったり、機械のトラブルで損をしたとの話も聞きますので、利用はおすすめしません。

EUへの出入国に関する現金の管理に関するEUの法律に従い、マルタへの入出国の際に、10,000ユーロ相当またはそれ以上に相当する現金あるいは他の貨幣価値を所持している人は、税関から入手可能な適切な申告用紙に記入しなければなりません。
 
 

気候

マルタの気候は海の影響を強く受け、地中海性気候です。日照時間は長く、一日平均の日照時間は真冬でも5~6時間、夏はおよそ12時間です。
中央ヨーロッパからの北風あるいは北東風により、冬は日本に比べ若干穏やかで10~14度位ですが体感気温は低いのでコートは欠かせません。
夏は暑く、乾燥し、日差しはとても強いです。ビーチシーズンのピークは10月の中下旬まで続きます。
 
 

電圧

電源は 240ボルトで周波数は50ヘルツです。英国と同様に、3-ピン長方形のプラグシステムが使われています。
 
 

チップ

マルタではチップの制度が残っており、一般的に料金の10%が目安となります。

レストランでの食事:食事料金の10%程
ホテルでの枕銭:1ユーロ程
ホテルで何かを頼んだ時:1ユーロ程
タクシードライバー:空港~ホテルはおよそ、10-15ユーロ程
ツアーなどで車チャーターする場合:20-25ユーロ程
ツアーガイドや終日アシスタント:25-30ユーロ程
また、空港送迎のアシスタントは10-15ユーロ程
 
 

電話

現在ほとんどの公衆電話がカード式になっております。カードを購入後日本と同じくカードを差し込んでから番号を押す方式となります。カードはお土産店などで買うことが出来ます。
 
 

少し塩味のする水道水をマルタ人は飲料水として利用しておりますが、日本人の体に合わない場合もございますので、飲料用にはミネラルウォーターをお求め下さい。歯磨きや、シャワー等のご利用に関しましては全く問題ございません。
 
 

治安

マルタはヨーロッパの中でも大変治安の良い国として有名です。ですが、夜の一人歩きや人通りの少ない道を歩かれることはお避け下さい。
また最近ではスリなどの被害も増えつつありますので、貴重品の管理には他のヨーロッパ諸国と同様充分お気をつけ下さい。
 
 

時差

日本との時差は-8時間 日本が正午のときマルタは午前4時

サマータイム:-7時間 日本が正午の時マルタは午前5時
サマータイムは3月最終日曜日~10月の最終土曜日までの適用です。
 
 

通信

インターネットは町のいたる所にインターネットカフェがある為、利用可能です。
日本語入力がセットされていない場所もあるのでご注意下さい。料金は1時間で3~5ユーロが目安。
 
 

服装

日本人が夏と感じるのは6月~10月中旬、冬は12月~3月頃となります。
夏は30度を超える日が続く為、帽子やサングラスの使用をお薦めします。冬は日本と比べると暖かいですがコートやセーターは必須となります。また冬は雨が多く風も強いですので、雨具をご用意下さい。
年間を通して朝晩の気温の差が大変激しいのですので、脱ぎ着が簡単なカーディガンやジャケットがあると良いでしょう。

マルタには360を超える教会がございますが、いずれの教会もミニスカートや肩を出した肌の露出が目立つ服装は見学に相応しくありませんので、ショールなど肌を覆える服装を持参されることをお薦め致します。
 
 

移動手段

主要交通機関は路線バスのみとなります。
黄色のバス(ゴゾ島は灰色)が公共路線バスとなり、運賃は一区間47セント。バス乗車の際に料金をドライバーに支払い、チケットをもらいます(レシートのようなものです)。これはバスを降りる時まで必ず保管して下さい。
降りる場合は、目的地が近づいたらブザーを押します。(ブザー種類はいろいろで紐を引っ張るものもあります。)
各バス停には名前がないので、乗車の際にドライバーに行き先を言って、降車場所を知らせてもらうことをお薦め致します。
 
 

シエスタ制度

マルタではシエスタの制度があります。これはスペイン語圏を中心に生活習慣として社会的に認められている昼寝を含む長時間の昼休憩(13:00~16:00が目安)です。
この時間はほとんどの商店が閉まり、また16:30頃~19:00頃までオープン致します。