世界各国、主要都市の日通ペリカントラベルWeb加盟店が運営する現地最大規模のホテル、航空券、ツアー予約サイト
トップページ > 対談:サービスアパートメントでロングステイ~バンコク編~
対談:サービスアパートメントでロングステイ~バンコク編~
今回の対談のお相手は会社を昨年定年退職後、タイ・バンコクにロングステイ中の北川ご夫妻。滞在先のリエイルンピニーレジデンスはバンコクでも珍しい日系企業運営のサービスアパートメントです。リエイ(タイランド)のマネージングディレクター椛澤さんと日通ペリカントラベルネット・バンコクの新が人生の先輩でもあるご夫妻にロングステイのお話しや、ロングステイで利用するサービスアパートの魅力についてお話をうかがいました。
 

 ロングステイのきっかけ
本日はお時間を作っていただきありがとうございます。
早速ですが、ご夫妻のロングステイのきっかけはなんでしょうか?
私は元々楽天的な方なので、定年後は将来の生活にある程度目途が立ったら、そう働かなくてもいいんじゃないか?年金範囲内で生活できればいいんじゃないかと思っていました。それで以前から海外での生活を老後の選択肢の一つとして考えていたので今回、妻と二人でタイへロングステイにきました。
タイには以前、旅行に2回ほど夫婦で来ていました。乾季の素晴らしい時期でした。でも、雨季もいいですね。時々夕方にさっと降るぐらいで日本の梅雨よりカラットしていますね。
それに私達は海外生活に入る為の条件として[1]ある程度の健康、[2]多少の貯えがある、[3]食生活が合う、[4]家族の問題がない。(私達の両親はすでに亡く、子供達は独立しています。)と考えていて、これらがクリアされていたからです。

また、私自身、胃の手術をし体重が大幅に減りましたので寒い季節は身に堪えます。その時期だけでも暖かい南国で生活できたらという思いもありました。
椛澤 他のお客様の中にも日本が寒い時期にだけこちらにいらっしゃるスノーバード的なお客様もいらっしゃいますね。
今回のロングステイは定年後の年金の範囲内で本格的ロングステイをするための準備運動的な滞在なんですね
まあ、そんなところです。本格的ロングステイの前に、とりあえず来てみれば先が見えるという思いもありましたね。
 なぜバンコクに
ご夫妻は、ロングステイする以前も海外旅行にはよく行かれていたのですか?
私は社内旅行や研修で多少行きましたが決して多くはありません。
私は息子が結婚式をシドニーで挙げた時と、夫婦でタイに2回ですね。
なぜロングステイをバンコクでなさろうと思ったのですか?
3年前から海外でロングステイしたいと考えていました。バンコクは日本からも6時間程度で来る事が出来、物価もゴルフも安いし、観光地もたくさんあるからです。

こちらに来て感じた事ですが、タイ人は皆さん親日的です。先日も郵便物を出しに行った時、受付場所や手続等を多くの人が教えてくれました。こういう事が度々ありました。
椛澤 タイ人は困っている人を見るとなにかと助けようとしますよね。
そういう現地の人とのやり取りもロングステイの大事なところだと思います。
 
1・234 次へ
  北川ご夫妻 北川 正・洋子 ご夫妻

昨年会社を定年退職後、準備期間を得て、今回初めてタイ・バンコクに3ヶ月間ロングステイ。在タイ約1ヶ月。正さんの趣味はゴルフ。洋子さんは手芸。



椛澤さん
椛澤 邦親
(株)リエイタイランドサービスアパート マネージングディレクター

在タイ4年。今まで様々なロングステイヤーを見届けてきただけあってロングステイについて熟知している。ロングステイヤーにとって頼れる存在。



椛澤さん
新 トニー
日通ペリカントラベルネット バンコク

名前はトニーだが父母ともに純日本人。トニーはタイでのビジネスネーム。バンコク勤務となって1年、タイの良さを知り、両親に海外ロングステイをすすめようと考えている。