news

◆「今年訪れるべき45の場所」マラッカがランクイン

  
【クアラルンプール】


 米ニューヨークタイムズ(NYT)紙が選んだ「今年訪れるべき45の場所」で、マラッカが28番目にランクインした。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に指定されているマラッカには昨年は1,100万人の観光客が訪れた。
マラッカは記事の中で「ランタンで点灯された運河、静かで狭い通り沿いには古い寺院と店舗兼住居が立ち並んでおり、マラッカほど過去のロマンチックなイメージを呼び起こす場所は東南アジアではめったにない」と評された。
同紙が推奨した他のアジアの訪れるべき場所は、ミャンマー、東京、ラサ(チベット)、ハロン湾(ベトナム)、ケララ(インド)——など。トップはパナマだった。

(ザ・スター、ベルナマ通信、1月9日)


トップページへ戻る↓↓

戻る